JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

ベッドプリヒートエラー #13201 (MK4) #21201 (MK3.9) #23201 (MK3.5)

Menu
Relevant for:
Last updated 22 days ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR

何が起きているのか?

プリンタに"Check the heatbed heater & thermistor wiring for possible damage." (ヒートベッドヒーターとサーミスタの配線をチェックし、損傷の可能性を確認してください)というメッセージが表示されています。

エラー名称: Bed preheat error

エラーコード: #13201 (MK4) #21201 (MK3.9)

このメッセージは、予熱中にプリンタが20秒間、2℃以上上昇しなかった場合に表示されます。問題を解決するため、加熱は一時停止されます。

対処方法

プリンタの設置場所の周囲温度が安定しており、10 ºC 以上であることを確認してください。

このエラーは、ヒートベッドサーミスタまたはヒートベッドの電源ケーブルのいずれかが損傷している場合に発生する可能性があります。

プリンタを定期的にメンテナンスすることで、このような問題を防ぐことができます。

ヒートベッドの下記をチェックしてください。:

  • サーミスタカプトンテープの下にしっかりと固定されているか確認してください。
  • ワッシャーが丸型ケーブルコネクターの下ではなく、上にねじ込まれていることを確認してください。
  • M3nNナットがネジをしっかりと固定しているか確認する。
  • xBuddyボードにアクセスします。ヒートベッドの電源ケーブルヒートベッドのサーミスタヒートベッドに対応するヒューズを確認します。

すべての項目に問題がない場合、いずれかのケーブルに内部に断線がある可能性があります。マルチメータをお持ちでない場合は、以下のテストでケーブルをチェックすることができます。:

  1. ドライヤーでヒートベッドに熱風を当てます。
  2. その際、液晶画面に温度変化がないか確認します。
  3. 温度変化がプラスであれば、ヒートベッドのサーミスタが機能していることを意味します。この場合、ヒーターに問題があります。
  4. 全く変化がない場合は、ヒートベッドサーミスタの不良です。

マルチメーターによるチェック

マルチメーターがあれば、Multimeter usage [進行中の翻訳]のガイドを使ってケーブルの抵抗値をチェックすることができる。

Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us