JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

ヒートベッドが正常に加熱されない

Last updated 2 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

ヒートベッドが加熱されない場合、原因を特定するために確認すべき点がいくつかあります。

温度測定について

赤外線温度計で温度を測定するのは、正しい方法ではありません。中心部のレーザーポイントよりもはるかに大きな円の平均を測定するため、ヒートベッドの側面では著しく低い温度を示すことがあります。さらに、放射率というパラメータもあり、これは安価な温度計では固定されているのが普通です。放射率を単純化すると、表面によって異なる温度を測定することになります。

プリントシートとヒートベッドの底面温度には差があります(5~10℃程度)。

正しい温度測定は、サーミスタや接触型温度プローブを熱伝導ペーストでシートに固定する方法です。この場合でも、実際の温度より5℃程度低く測定されることがあります。

初期チェック

エラーが発生した場合は、そのエラーに該当する記事を確認することをお勧めします。:

エラーが表示されない場合は、以下の手順でトラブルシューティングを実施してください。
  1. ヒートベッドがひどく破損していないか、跡が露出していないかを目視で確認します。下の右の写真のように、痕跡を見て壊れていなければ、その上にマニキュアを数回塗り重ねて固定することが可能です。
トレースが切れています、要交換です。表面的な傷のため、補修可能です。
小さな傷でも、加熱時の問題や電気的なノイズの原因になります。
  1. ヒーテッドベッドサーミスタが金色のカプトンテープの下に正しく取り付けられていることを確認してください。もし、サーミスターがベッドに固定されずにぶら下がっている場合は、ベッドをY型キャリッジに固定している6-9本のボルトを外し、カプトンテープでサーミスターを固定し直してください。
Not the two types of tape securing the thermistor. There is a layer of aluminum foil tape underneath the layer of kapton tape.loose termistor
サーミスタが正しく固定されているサーミスタが緩んでいるため、動作しません。
  1. 電源の接続状態を確認する:

サーミスタのテスト

ヘアドライヤー

一番簡単で良い方法は、ドライヤーでヒートベッドの下に熱風を吹き付けることです。その際、LCDに温度変化があるかどうか確認してください。変化がある場合は、サーミスタが動作していることを意味します。全く変化がない場合は、サーミスタが故障しています。

接続を入れ替えてみる

ドライヤーを使ったテストで結論が出ない場合は、メインボードのポートが損傷しているかどうかを確認するようにします。ホットエンドサーミスタとヒートベッドサーミスタの接続を入れ替えてみてください。

IPA試験(加熱ムラの確認)

表面が均一に加熱されているかどうかを確認するには、ヒートベッド表面をイソプロピルアルコール(IPA)で冷たいまま拭き取り、PreheatメニューまたはLCDメニュー->Temperatures->Bedでヒートベッドを加熱することをお勧めします。加熱されるとアルコールが蒸発し、全く加熱されていない部分が露出します。 

ゆっくりとしたプリヒートプロセス

ヒートベッド左奥のプラスチックカバーを外し、以下を確認してください。

  1. ヒートベッドに通じるケーブルに破損している箇所があるかどうか。
  2. PSUケーブルがminiRAMBO/EinsyRAMBOボードに正しく取り付けられており、どの箇所にも損傷がないこと。
通常、ケーブルは締めすぎるとストレスがかかるため、結束バンドの周辺が破損することがあります。

抵抗・電圧の測定

ヒートベッドのサーミスタの抵抗値は、室温で約100Kであるべきです(気になる方は、ホットエンドのサーミスタも同じです!)。

マルチメーターの使い方に不慣れな方は、Multimeter usage [進行中の翻訳]に記事を掲載しています。

ヒートベッドの抵抗値は下記のとおりです:

      • 1 オーム(MK2/S)
      • 3.4 オーム(MK3/S)
    • 抵抗値が記載値付近で若干の上下があっても気にしないでください。 

電圧の測定

Original Prusa MK2/S:

  • ヒートベッドにかかる電圧は〜12Vであること
  • PSUからminiRAMBOに来る電圧も~12Vであること

Original Prusa MK3/S:

  • ヒートベッドにかかる電圧は〜24Vであること
  • PSUからEinsyRAMBOに来る電圧も~24Vであること

パワーパニック機能の干渉

まれに、パワーパニック機能 が MK3/S/+ の動作に干渉することがあります。上記の手順のいずれでも解決しない場合は、PowerPanic ケーブルを EinsyRAMBOボードから取り外してみてください。接続を解除する方法については、Einsy RAMBo 制御ボードの配線(MK3/MK3S/MK3S+) を参照してください。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.