JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

ノズルがヒートベッドに衝突する

Menu
Last updated 3 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

この場合、P.I.N.D.A.またはSuperPINDAセンサーに問題があることを示しています。P.I.N.D.A. とは、Prusa INDuction Auto leveling の略です。MK2/S、MK3/SのZ軸エンドストップです。ある範囲内の金属を正確に検出するため、ノズルがベッドに衝突する場合は、ノズルに対してP.I.N.D.Aの調整位置が高すぎるか、センサー自体またはケーブルの故障が考えられます。

P.I.N.D.A.の不具合や調整不良は、メッシュのベッドレベリングやXYZキャリブレーションの際にも問題を引き起こす可能性があります。

P.I.N.D.A.センサーのテスト

P.I.N.D.A.センサー、またはその配線のいずれかが損傷した場合、複数の異なるレベリング問題が発生する可能性があります。詳しくは、M.I.N.D.A./SuperPINDA センサーのテスト (MINI/MINI+)をご覧ください。

PINDAを下げる

P.I.N.D.A.センサーを1~2mm下げるか、プリフライト前のチェックをやり直します。その際、指示された中央の太い結束バンドではなく、細い先端を使います(下の写真の赤い丸で囲んだところ)。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.