JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

テクスチャーパウダーコートシート

Last updated 7 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR

Prusa純正マグネットヒートベッドは、取り外し可能なフレキシブルスプリングスチールシートを保持し、プリント面からプリントオブジェクトを簡単に取り外すことができるよう特別に設計されています。

テクスチャーパウダーコートシート(色は異なる場合があります)プリントオブジェクトの裏面

パウダーコーティングされたシートは、テクスチャーシートとも呼ばれ、表面が特殊なポリマー(ウルテムPEI)で覆われており、完璧な接着を保証します。これは私たちのプリントファームで長年使われているもので、特にPETGのような高密着のフィラメントをたくさんプリントするときに最適で、さらには柔軟なフィラメント(TPU)のプリントにも最適です。艶消しパウダーコートシートよりも粗い質感となり、スムースPEIシートよりも一部のフィラメントに対して耐久性があります。

e-shopや弊社のナレッジベースの画像などで確認できる色は、お客様のものとは異なる場合があります。すべてのシートは、厳しい仕様の範囲内にあることを確認し、検証されています。この仕様は、製造方法とシートの機能(ある種の材料で使用される粘着性と耐久性)を考慮したものであり、シートの外観やプリントオブエジェクトに残される面の模様で判断されるものではありません。また、プリントオブジェクトの模様は、シートごとに完全に一致することを保証するものではありません。

主な特徴

  • 特徴的なテクスチャ仕上げになります。
  • 両面を入れ替えて使用できます。
  • 艶消しパウダーコートシート、スムースPEIシートより薄い。
  • PETG、CPE、TPEE/TPUで比較的大きなオブジェクトをプリントするのに最適です。
  • 柔軟なフィラメント(TPU/TPEE)ではスティックのりが不要です。
  • プリントオブジェクトはシートが冷めると自動的に剥がれます。
  • 冷えた状態で、IPA(90%)または脱アルコールで洗浄すること。皮膚の消毒用に作られたものは使用しないでください。粘着性を損なう油分や糖分が含まれている場合があります。
当ブログの記事テクスチャーパウダーコートに印刷する方法をご覧ください。

配慮すべき事項

  • シートはアセトンで絶対に清掃しないでください。表面を劣化させます。
  • ABS juiceは絶対に塗らないでください
  • ASA、ABS、ナイロン、PCブレンドでプリントする場合は、スティックのりで分離層を塗布することが必要です。
  • シートの種類を切り替えた場合、ライブZ値の再調整が必要です。スチールシートプロファイルを参照してください。
  • こすり傷に弱いです。金属製のヘラなどでプリントオブジェクトを剥がさないでください。こちらのようなプラスチック製のヘラをプリントすることをお勧めします。
  • PLAを使った小さなオブジェクトのプリントでは、Brim(つば)が必要な場合があります。
プリントシート(艶消しパウダーコートシート、テクスチャーパウダーコートシート、スムースPEIシートなど)のような消耗部品は、コーティングが時間の経過とともに減少するようになっているため、保証の対象外となります。傷、へこみ、ひび割れ、その他の外観上の損傷も保証の対象外です。商品到着時にシートに不具合ある場合のみ、保証の対象となります。

フィラメント

私たちは多くのテストを行い、その結果をまとめました。ぜひご活用ください。様々なタイプのフィラメントに対するシートの準備方法を確認するには、see our Material tableをご覧ください。

プリントオブジェクトの定着が悪い場合

プリント面が完全にきれいで、イソプロピルアルコール(90%)を浸したペーパータオルで拭いて油分をすべて除去してください。そのうえで、ファーストレイヤーの高さを完全に設定するため、 the first layer height is set up perfectly.を確認してください。

それでもプリントがうまくいかない場合は、ぬるま湯に食器用洗剤(ハンドソープではありません)を数滴垂らして洗ってみてください。プリントオブジェクトの密着を妨げる糖分や油分を取り除くことができます。シートを完全にお湯の中に沈めることはしないようにしてください。テクスチャーパウダーコートシートは完全に水を通さないわけではないので、これは最後の手段であり、頻繁に行うべきものではありません。

それでもプリントオブジェクトがプリントシートに確実に密着しない場合は、1層目の問題を確認してください。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us