JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

スムースPEIシート

Last updated 7 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR

Prusa純正マグネットヒートベッドは、取り外し可能なフレキシブルスプリングスチールシートを保持し、プリント面からプリントオブジェクトを簡単に取り外すことができるよう特別に設計されています。

スムースPEIシート (色は異なる場合があります)プリントオブジェクトの裏面

シートの両面に、PEI樹脂製のステッカーを貼り付けています。これは、旧型のMK2Sプリンタで使用されていたものと同じで、時間をかけて検証されたプリントシートになります。このシートは、ほとんどのフィラメントや形状に対して優れた接着性を発揮します。TPUやPETGなど、一部のフィラメントでは接着力が強すぎるため、剥がすときにシートが破損することもあるほどです。そのため、Textured sheetSatin sheet も用意されています。 

主な特徴

  • PLA、HIPS、ABS/ASA、複合材料(金属/木材)のプリントに最適です。
  • 角が尖っていたり、ファーストレイヤーの面積が小さいプリントの場合、剥離しにくいです。
  • キズがつきにくいです。金属ヘラを使用できますが、外観上、傷がつくことがあります。
  • 両面を入れ替えて使用できます。
  • ほとんどの種類のフィラメントに対応しています。
  • テクスチャーシート、サテンシートより厚みがあります。
  • プリント面への準備をほとんど行わなずに済みます(一定洗浄は必要です)。
  • 90%のイソプロピルアルコール(IPA)または変性アルコールで洗浄します。
  • アセトンでも洗浄できますが、使いすぎにはご注意ください(目安は1~2回/月)。
  • ABS juiceを塗布することができます。

配慮すべき事項

  • シートの種類を切り替えた場合、ライブZ値の再調整が必要です。スチールシートプロファイルを参照してください。
  • PETG、ASA、ABS、PCブレンドのような一部のフィラメントは、プリント前にスティックのりを薄く塗り、剥離層が必要な場合があります。マテリアルガイドを参照してください。
  • シートは常に清潔にしてください。油分があると粘着力が大幅に低下します。

メンテナンス

  • 冷えた状態で、90%のIPA(イソプロピルアルコール)または変性アルコールで洗浄します。ペーパータオルにつけて、シートを拭き上げてください。皮膚の消毒用に作られたものは使用しないでください。粘着性を損なう油分が含まれている可能性があります。
  • IPAによる洗浄で不十分な場合は、月に1、2回程度、アセトンで同じように洗浄することをおすすめします。
  • A長期間(1~2年)使用すると、表面がさらに平滑化し、接着力に影響を与えることがあります。サンドペーパー(600~1000番)で軽く研磨することで、PEIシート表面がよみがえり、新しいPEIが表面に出てきます。この処理により、プリントオブジェクト底面は非常に軽い質感になります。
  • 広範囲に渡って損傷した場合に交換できるよう、スムースPEIシートには、交換用のPEIシートが用意されています。can be replaced in case of extensive damage

PEIシートの下にある気泡について

時間が経つと、PEIシートの下に小さな気泡が見えることがあります。これは深刻な問題ではありません。これらの気泡は通常、プリント品質に影響を与えず、数日から数週間後に消えます。この気泡を早く消すための2つのヒントをご紹介します。:

  1. プリントしていたプリントシートの面を入れ替えます。そうすることで、PEI表面の「回復」が早まります。 
    気泡は、最も多くプリントした場所(特にシートの中心部)の周辺に現れ、多くの場合、プリントしたパーツの角の下にできます。
  2. 3Dモデルをスライスするときに、配置を変えてみてください。常に一箇所だけ、つまり中心部だけを使用しないよう、工夫してみてください。

PEIシートのくぼみやへこみ

シートの梱包を解いたとき、PEIシートの表面層に小さなくぼみやへこみがあることがあります。心配しないでください。シートを裏返し、反対側の面を使用してください。ヒートベッドの熱が影響し、へこみはしばらくすると自然に消えます(プリント時間の1~2日程度が目安)。

PEIシート下の気泡PEIシートのくぼみ
プリントシート(艶消しパウダーコートシート、テクスチャーパウダーコートシート、スムースPEIシートなど)のような消耗部品は、コーティングが時間の経過とともに減少するようになっているため、保証の対象外となります。傷、へこみ、ひび割れ、その他の外観上の損傷も保証の対象外です。商品到着時にシートに不具合ある場合のみ、保証の対象となります。

Filamentsフィラメント

私たちは多くのテストを行い、その結果をまとめました。ぜひご活用ください。様々なタイプのフィラメントに対するシートの準備方法を確認するには、see our Material tableをご覧ください。

プリントオブジェクトの定着が悪い場合

プリント面が完全にきれいで、イソプロピルアルコール(90%)を浸したペーパータオルで拭いて油分をすべて除去し、ファーストレイヤーの高さを完全に設定しているにもかかわらず、プリントオブジェクトがプリントシートに確実に密着しない場合は、1層目の問題を確認してください。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us