JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

スパゲッティモンスター

Menu
Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

なぜスパゲッティ・モンスターという名前が付けられたのか?

このプリントの問題は、まさに「スパゲッティ」のように、プリントの上に、そしてその周りに、カオスがあるように見えます。これは、プリント中に下のオブジェクトが動いたり崩れたりしたために、プリントヘッド(エクストルーダー)が誤った位置にフィラメントを吐出したものです。

ファーストレイヤーが完璧でない場合、あらゆるプリントの失敗の可能性が高まります。

最も一般的な理由

  1. プリント中にプリントオブジェクトがベッドから剥がれる
  2. プリント中にプリントオブジェクトが崩れる
  3. 3Dモデルやスライスファイルにエラーがある

トラブスシューティング

  • ファーストレイヤーの確認 – ファーストレイヤーがプリント面全体にきちんと密着しているかどうかを確認するだけです。1層目の問題を参考にするとよいでしょう。
  • オブジェクトのエラーを確認 – 生成されたG-codeをPrusaSlicerのプレビューで常に確認します。PrusaSlicerは、明らかな問題を発見した場合、モデルの横に小さな警告の三角形を表示します。万が一、隙間や壊れたジオメトリが見つかった場合は、STLオブジェクトを自分で修復するか、弊社の記事 エラーのある3Dモデル を参照してください。
  • ベッド温度を上げる – すでにこのエラーが発生している場合は、プリントを再実行してベッド温度を5~10℃上げてみてください。これにより、ファーストレイヤーの密着に役立つはずです。オブジェクトを再スライスして、新しいGコードを準備する必要はありません。プリントを開始し、メッシュベッドのレベリングが完了したら、LCD Menu – Tune – Bed に移動するだけです。
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.