JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

サポート面上に生じる見栄えの悪い面

Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

一般的には、サポートが全く必要ないようにオブジェクトを回転させてポイントを見つけるのが常に最良の選択です。しかし、複雑なオブジェクトをプリントする必要がある場合、いずれにせよサポートを多用することになります。サポート構造を取り除いた後、サポートの上の表面がプリントの残りの部分より悪く見えることに気づくかもしれません。

上の写真は、プリント設定が最適でない場合に表示されるアーティファクトです。

サポート上部の見栄えの悪い面を修正する方法

もう一度、PrusaSlicerでオブジェクトを回転させてみて、より少ないサポートで済むような良い向きを探してみてください。

また、Cut tool [進行中の翻訳]を使用すると、2つのパーツを簡単に印刷し、接着することができます。

サポートの設定

プリントオブジェクトからサポートを切り離しやすくするために、サポートとオブジェクトの表面の間にわずかな隙間を設けます。隙間を少なくすると、より良い結果が得られる可能性がありますが、サポートが剥がれにくくなる可能性があります。

PrusaSlicerの「印刷設定」-「サポート材」でサポートの値を微調整することができます。Contact ZとDecrease pattern spacingを微調整して、表面の品質を向上させてみてください。

もうひとつ、interface layersの数を3~4枚に増やしてみるのもよいでしょう。そうすると、支持体の上面がより強固になり、サポートの接点が取れやすくなることもあります。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.