JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

サポートは、3Dプリントされるオブジェクトにおいて必要な部分であり、特に複雑なモデルをプリントする必要がある場合には特に重要部分となります。なので、上の写真のようにサポートが破損すると、通常はプリントの残りの部分に影響を及ぼします。ほとんどの場合、プリントは正常に終了しません。

サポート生成の失敗

柱状のサポートは、特に低支持密度を使用する場合、かなり壊れやすく、あまり安定したもになりません。支柱の高さが高く(薄く)なればなるほど、破損の危険性は高くなります。

大きなオーバーハングがある場所では、サポートを追加する必要があります。サポート無しでもプリントできるオーバーハングもありますが、多くの場合サポートが必要で、サポート無しではプリントが正常に終了しません。オーバーハングのテストには、弊社のプラットフォーム ここ からSTLモデルをダウンロードすることができます。

サポートの破損を防止する方法

  • 孤立するようなタワー上のサポート生成を避け、より多くの部品にオブジェクトを分割します。
  • PrusaSlicerの「印刷設定」-「速度」で、サポート部分のプリント速度を下げます。
  • 「プリント設定 - スカートとブリム」の中の「id=133969|title=Brim」を使って、サポートの周りを囲んでみてください。
  • PrusaSlicerの「プリント設定」-「サポート」-「パターン」で、サポートの形状パターンを変えてみてください。
  • 「はみ出し部分のしきい値(Overhang Threshold)」の値を変更します。これは、サポート材なしで印刷できる最も水平な傾斜(水平面から測定)を表します(90=垂直)。
  • プリントするモデルに合わせたcustom supportsを利用ください。

スピード設定箇所

サポート設定箇所

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.