JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

アイドラーネジ張力の調整

Last updated 6 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

Prusa FFFプリンターとそのアップグレードキットは、フィラメントとフィラメントプーリーギアの間に張力を与えるために、スプリング付きのネジを使用しています。このスプリングの張力が適切であることが重要です。緩すぎるとプーリーがフィラメントを「つかむ」ことができず、逆にきつすぎるとエクストルーダーモーターに対して負荷がかかりすぎ、フィラメントを削ってしまうことがあります。MK2/SとMMU1を除いて、すべてのプリンターで正しいテンションは変わりません。  

やわらかいフィラメント(TPU/TPE)をプリントする場合は、ここで案内しているものよりもさらにネジを緩めておくことを推奨します。詳しくは柔軟な材料をご覧ください。

MK3S/MK2.5S & MK3S+

アイドラースクリューは、フィラメントを装填していない状態では、プラスチック部分の面から0.5~1mm程度、出ていることが必要です。

Original Prusa MK3SOriginal Prusa MK3S+

MK3S/MK2.5S/MK3S+ with MMU2S unit

MMU2Sでは、少し異なるエクストルーダー運用が必要ですが、上の写真のようにエクストルーダーの左側に1本のアイドラースクリューも付いています。大体同じテンションがかかるはずですが、IR filament sensor calibrationの一環として調整する必要があります。

MMU2S本体には、エクストルーダーのネジに加えて、上部に2本のテンションネジ(左の写真の緑の矢印)があり、ロード/アンロード時にフィラメントに圧力をかけるようになっています。このネジは、フィラメントがノズルに装填されていない時(写真右)、プラスチック部品の表面より少し下(約1ミリ)にあるようにしてください。

MK3/MK2.5

このエクストルーダーのデザインには、2つのアイドラースクリューがあります。フィラメントをロードしたときに、スクリューの頭が1~1.5mmほど平らになっている必要があります。

MINI

Original Prusa MINIは、アイドラースクリューがエクストルーダーの底面にあり、Z軸の押し出し口に位置しています。フィラメントをロードしていない状態では、プラスチック部品面とほぼ同じ高さにあるようにしてください。

MK2S

Original Prusa MK2S はエクストルーダーの設計が異なっていました。2本のネジがあり、バネの長さは締めた状態で約13mmになるはずです。ある程度使ったら、もう少し締めてもいいのですが、2本のネジを締め込む程度は同じでなければなりません。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.